2011年08月24日

タンパク質の失活予防

実験で使えそうな技のメモです。

タンパク質の活性は徐々に下がって行ってしまうので、その失活の予防法として精製するときに加えると良さそうなものをメモっておきます。

スクロース
グリセロール
ポリエチレングリコール
アルギニン
ニッケル
コバルト
マンガン
亜鉛塩


アミダーゼ(酵素)の失活予防には金属系がいいらしいよ。

糖系は2~20%程度orを加える。
アミノ酸系は0.2M??

ゲルろ過HPLCでは0.2M以上のアルギニン添加がいいらしい。

posted by くらげん at 10:56| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。